kiri


"現状維持への志向は警戒を示す情報があっても現状維持の方が優先され、情報や警告が上手く活かされないようなケースである。これは誰もが経験したことのあるような、熟睡している時に鳴る目覚ましへの反応に近い。"
— 9 hours ago with 31 notes
#小谷賢 
"時間を無駄にすることは、自分の命を無駄にすることと同じ。「命とはなんだ」と聞かれたら、(残った)時間と答える"
— 9 hours ago with 535 notes
"友人が、”社の既婚男性が「嫁の地雷がわからん」と嘆いていたので「女の怒りはポイント制なので満額になるとキレるのであって、キレた事案だけが地雷なわけではない」と説明したところ全員妙に納得していた”という話をしていてわたしもたいへん納得した。"
— 10 hours ago with 694 notes
"医学生「僕この前合コンで、やだー酔っちゃったーって言ってきた女の子にアルコールパッチテストしてやったんですよ」
私「!?」
医学生「色変わらなかったですねー、初対面で嘘つく女の子とかほんとwww」
私(医学生こわい)"
— 10 hours ago with 306 notes
"

昨日の朝日新聞、オピニオンを読まれた方も多いと思う。「熱すぎないか高校野球」というタイトルで、高校野球の在り方について3人のコメントを載せている。

・故障防ぐルールづくりを

大野倫氏は、沖縄水産高校時代の91年、熊本遠征で1日2試合を完投し、翌日ブルペンで投げているときに「ぼきっ」という音がして右ひじを痛めた。しかしその夏の決勝まで4連投も含めて投げ、準優勝。大会後投手生命を絶たれた。
大野氏は犠牲になったとは思っていないが、根性野球から時代が変わった今こそ大人が歯止めをかけるべきだという。いずれ球数や投球回数の制限規定が設けられると予測。
今は少年野球の指導者。これからの指導者はトレーニング論や障害予防について学ぶべきだと締めくくった。



・アマと「プロ」両立しない

ノンフィクション作家、軍司貞則氏は、日本の高校野球の9割は人間形成など教育目的で野球をしている。彼らはさほど問題を起こさない。残り1割のプロ的な野球をする高校の選手と周辺の大人が問題だという。
プロ的な野球は勝利至上主義に支配されている。世間は建前上そうした学校にも教育の原理を貫くように求めているが、プロ同士の死に物狂いの戦いを望む人も少なくない。だから選手の体に悪影響が及ぶのに、炎天下に甲子園大会が開かれる。
「プロの真剣勝負」と「アマらしいドラマ」を求めると、選手に過剰負担を与える。
学校関係者、高野連、朝日、毎日新聞、マスコミ、スカウト、ファンと関係者があまりにも多いので、改革ができない。一度甲子園大会をやめて、考えるべきではないかとしている。



・身を削った感動もういい

コンバットREC氏はアイドルファン。AKB48の前田敦子が、総選挙で大きなプレッシャーと闘う姿に感動を覚えていたが、それは残酷なことを承知で楽しんでいたと述懐。
高校野球も夢に向かって腕も折れよと連投する球児に我々は感動するが、同様ではなかったか。投げているのは生身の高校生、大人がルールを決めてコントロールすべき。
野球というスポーツのゲーム性を損なわず、いかに選手を守るか、試行錯誤を続けるべき。悲劇のヒーローを高校生に求めてはいけない。



いずれもこれまでにない踏み込んだ意見だ。
高校野球の「功績」を認めつつも、現状ではいけない、改革すべきだということを、選手、関係者・メディア、ファンの3つの立場から異口同音に述べている。
現在の高校野球を肯定する意見は一切載せていない。

私は釈然としない。ここまで高校野球を大きな大会にし、多くの人々の利権の巣窟にしたのは、朝日新聞ではないか。
讀賣新聞が巨人を「拡販商材」にするはるか以前から、朝日新聞は高校野球を部数拡大の道具にしてきた。
商業目的で高校野球を食い物にしてきた人、会社を上げるとすれば、そのリストの第一に朝日新聞が上げられるのは間違いないところだ。また、高野連を、権威主義的で頑迷な組織にしたのも朝日新聞だ。
その責任をどう考えるのか。朝日新聞自身の反省と自己改革なくして高校野球の改革はありえない。

おりこうさんは、自分たちがどんな風に批判されているか察知し、批判が大きくならないうちに、先回りして問題提議をしたりする。
朝日新聞は、甲子園の予選がはじまるこのタイミングで、あたかも他人事のように、この3つの意見を掲載することで、高校野球批判のガス抜きを図っているのではないか。
「そのきらめき、一度じっと見つめなおしてみませんか」とリードで書いているが、見つめなおすべきは読者ではなく、朝日新聞自身ではないか。

単なるガス抜きでないのなら、朝日新聞としての高校野球の現状に対する見解と、反省、そして改革案を出すべきだ。抵抗勢力を説得し、自らリスクを被る覚悟で改革に取り組むべきだ。

まさかこれで終わりではないだろう。以後、朝日新聞がどのように動くのか、注目したい。
"
— 10 hours ago with 60 notes